Close

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)横山大観「千代田城」

千代田のお城・皇居は戦前、宮城とか明治宮殿と呼ばれます。横山大観は畏敬の念を深く抱き、千代田城を何度か描いています。

大正十三年(1924年)千代田城(クリックで拡大)。

大正十四年(1925年)日本美術院発行「大観作品集」掲載の「千代田城」は遠くに富士山、桜田門の渡櫓、二重橋、伏見櫓、明治宮殿を配しています。

桜田門の渡櫓 桜田門渡櫓。 二重橋 二重橋。 伏見櫓 伏見櫓。

静かなる千代田城

大正十五年(1926年)に描かれた「千代田城」は写実的で画面を静寂が支配しています。

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン」の「名画・名建築を歩く」に掲載されたものです。


Copyrights © 2007-2015 JIBUN. All rights reserved.