Close

写真と、わたしたちの日々のこと④日記をはじめました

私は日記を書くことも、誰かの日記を読むことも大好きです。

誰に見せるわけでもなく、10代の頃からノートにずっと日記を書いてきました。

3ヶ月前から毎月記事を書かせて頂いていたJIBUNメディアでも、せっかくなら日記的なものにしたいと思い、今週からお願いして毎週掲載にしていただきました。私の写真や文章が、誰かの何かにすこしでも触れたとしたら嬉しいなと思います。

———–

2021.4.下旬

緊急事態宣言が始まった翌週あたりから風邪をひき、5月の頭までずるずると体調が戻らない日々が続きました。一時は38度まで熱が上がり、「まさか・・・」と思いすぐに保健所に電話。熱が出たのが1日目だったこと、症状や諸条件がほぼコロナに当てはまらなかったことから一旦様子見になり、幸いにも熱は翌朝には下がったのですが、念の為クリニックでPCR検査。鼻からの検査はとっても痛くて涙が出ました。

明らかに症状は風邪だったし、検査を受けに病院へ行った頃には熱もなかったけど、結果が出るまではやっぱりヒヤヒヤ。。2週間以内に会ったいろんな人たちの顔を思い浮かべながら結果連絡をまち、無事陰性。結果にはほっとしたけれど、その後も友人知人で濃厚接触者になったり、実際にコロナにかかったりしたという話も聞き、前回、前々回の緊急事態宣言の際と異なり、感染症が実際に近くまできていることを実感することにもなりました。

その後風邪が長引き、10日ほど家で大人しく過ごす結果となりました。1日の半分くらいは眠り、もう半分くらいは少しだけ仕事をしたりもしたけれど、少し動くとすぐに体調が悪化するので、結局集中して何かをすることが難しい。読みたい本がたくさん溜まっていたので、この時間にゆっくり本を読めたりしたらすごくよかったのだけど、気だるすぎて本を読む気にもなれず、比較的楽に見れる内容のyoutubeを見たり、音楽を聞いたりと、受動的なことしかできず、そんなことないはずなのに、時間を勿体無く過ごしているような、そんなプチ罪悪感を感じたりしていました。体調が悪くても「何かしなければ」と思ってしまう自分の現代人っぷり(?)がやだなあ、と思いつつも、そんな自分がいることを改めて実感させられてしまったのでした。

体調が悪い時に限ったことではないのですが、youtubeは有意義な面もたくさんあるものの、自分がどんどん簡単で、わかりやすいものしか受け入れられなくなっているような感覚に陥ります。また気づけばPodcast,ラジオ,Spotify・・・1日中ずっと何かしらのコンテンツに触れていて。もうお腹いっぱいなのに「見なきゃ、聴かなくちゃ」と思ってしまう。もっと意識的に余白を作らなきゃいけないなあと思うばかりです。

そんなこんなでなんとか5月頭に完全復活。

久しぶりに外に出たら、季節は春から初夏へと移り変わっていました。緊急事態宣言中なので大好きな小石川植物園もしまってしまったけれど、眩しいほどの草木の輝きをうれしく感じ、いつもよりたくさん、ご近所を歩いています。

(来週からは、前週1週間のことを綴ります)

千葉愛子|Aiko Chiba

1990年宮城県仙台市生まれ。​東京都文京区在住のフォトグラファー。

WEB:https://www.aikochiba.com

Instagram:@chaiko2328


Copyrights © 2007-2015 JIBUN. All rights reserved.