道端で宝探し?心もきれいに/第10回「ほっ。チリ」

2014042001

まちでゴミ拾いをしながら人とつながろうと、第10回「ほっ。チリ」が20日、文京区西片の「ほっ。とカフェ&バー(http://hottocafe.com/)」近辺の路上で開かれ、十数人の親子が参加した。カフェオーナーの鈴木礼子さんは「子どもたちと一緒に、宝物を探す感覚でゴミを拾うと、自分の心もきれいになっている気がする」と話す。
カフェは2012年6月にオープン。自らが欲しいと思っていた「子連れでゆっくりできるカフェ」「気軽にママ飲みができる店」を実現させた。「ほっ。チリ」は、カフェに集う人から、地域の人とつながる手段としてゴミ拾いをしてはどうか、という提案があり、昨年6月からスタート。この日はカフェ上階のシェアハウスに住む学生や地域の親子が参加し、道端のタバコの吸い殻やちり紙などを拾い集めた。参加者にはバッジが配られた。