人気カフェとママ団体のコラボ/食の安全シンポジウムが5月28日に

 5月28日(土)、文京シビックセンターにて、「知っておきたい、食べもののルーツ~農薬、添加物、遺伝子組み換え~」の勉強会が開かれる。
 主催は、人気のスイーツカフェ「KNETEN(クネーテン)」(大塚3-44-6)と、「子どもを守る目コミュ@文京区」。
 この勉強会を企画したKNETENオーナーの菊川知子さんは、かつて「大地を守る会」「生活クラブ」などで、原料にこだわったお菓子を作るパティシエとして活躍。その時に得た食材の知識や生産者とのつながりを生かし、現在KNETENではオーガニック、国産、フェアトレードされた商品などの原材料を扱い、安心安全でおいしいお菓子を提供中。「お客様だけではなく、たくさんの方に食べもののルーツについて知ってもらいたい」と菊川さん。
菊川知子さん(左)
 講師は、「知らずに食べている 体を壊す食品」「ほんとうにおいしいものはお店で買えない」などの著書がある、食料ジャーナリストの手島奈緒さん。勉強会では、農薬、添加物、遺伝子組み換え食品などの現状の話を聞き、体にいい食材の選び方を教えてもらう予定。
5月28日(土)午前10時から11時半、シビックセンター4階区民会議室Bで。参加費1500円(ルイボスティー、KNETENの焼き菓子つき)。
申し込みはこちらまで。
KNETEN店頭でも受け付けております。