〈特選!ご近所 茗荷谷界隈〉⑯繊細で創意工夫に富んだ ヌーベルイタリアン・In Bosco(インボスコ)

昨年(2015年)5月末に惜しまれつつ閉店したTipsy’sの後、しばらくそのままになっていた場所に、1月19日(火)新進気鋭のオーナーシェフ渡部敏毅さんのお店In Bosco(インボスコ)が誕生しました。

In Boscoとはイタリア語で「森の中へ」という意味だそうです。渡部さんの生まれ育った北海道の大地の想いからつけたそうです。緑の多い小石川・茗荷谷界隈も多少影響したかもしれません。

アルマーニ氏が東京に来ると必ず立ち寄っていたと言う麹町の「エリオ・ロカンダ・イタリアーナ」でそのキャリアを積んだ後、姉妹店「エリオ・アンティカ・フォルネリオ」を任されるようになり今回独立してこの茗荷谷界隈に来てくれたのです。

続きはこちら

この記事は「ご近所 茗荷谷界隈」に掲載された記事です。