〈文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)〉さくらまつりの播磨坂と環三通り

茗荷谷の谷筋からお江戸の情緒が濃い藤坂を登ると、春日通りに出ます。春日通りの向こう側には幅約40メートルの播磨坂が見えてきます。江戸時代の松平播磨守の屋敷を貫く播磨坂、こんなに幅広な坂道は江戸時代から存在したはずは無く、近代の開削だということがわかります。

播磨坂は、いつからあるのか?

地図で調べてみると、、、

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン・文京区の名坂」に掲載されている記事です。