文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)武士の名がつく坂・壱岐坂

壱岐坂下交差点。壱岐で想像すると「壱岐守」。かつてあった大名屋敷由来の名なので、お江戸の頃はさぞかし細い道で、近年、拡張したのだろうと思い込んでいました。

いや、待てよ?、松平播磨守の名からとった太くて長い「播磨坂」は戦後復興の坂でした。近くの「忠弥坂」も関東大震災後にできています。そのように思うと、この坂、江戸時代から、こんなに真直ぐで長い坂だったのでしょうか?。疑問が浮かんできます。

壱岐坂通り交差点、壱岐坂上交差点まであります。これはお江戸の坂道としては長すぎます。

続きはこちら

※この記事は文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)に掲載されたものです。