Close

まち全体を探検しよう/第5回モノマチ25日まで開催中

2014052401

台東区の御徒町、蔵前、浅草橋にかけての「徒蔵(かちくら)」地域で、5月23日から25日まで、200以上のショップや飲食店などが参加する「モノマチ」が開かれている。皮や布製品のワークショップやスタンプラリーも開かれ、まち歩きしながら「モノマチ」を体験しようという趣旨。秋葉原~御徒町の間の鉄道高架下の「2k540」イベントスペースでは全国から集まったクリエイターのマーケットが開かれ、周辺の商店街や「おかず横丁」など一帯では、地図を片手にショップや飲食店めぐりをする大勢の人の姿が見られた。
新御徒町駅近くの旧小島小学校を改装した「台東デザイナーズビレッジ(デザビレ)」が施設開放をする際、地域とも連携しようと、2011年に始まった。デザビレは創業期のクリエイターを支援するアトリエで、現在19組が入居。今年10周年を迎え、卒業者の多くが近隣に本拠を構えている。そうしたクリエイターが核となり、地元商店などと連携した。事務局は「事前に地図を見ながらどのルートで回るか予習して来られる方もいる。地域の職人さんや、お店同士の交流にもつながり、新しい商品開発のコラボにもつながっている」と話している。今秋、10月17~19日の開催も予定されている。

 


Copyrights © 2007-2015 JIBUN. All rights reserved.