Close

走れ!いだてん/「パリに沈む日」

大正十三年、関東大震災の翌年、帝都・東京のあちこちで復興の槌音が聞こえてきます。

新東京の復興 東京朝日新聞より。

大正十三年(1924年)四月二十七日、金栗四三らオリンピック選手団は神戸港から「香取丸」に乗りアメリカを経由してパリを目指します。

大正十三年(1924年)四月二十九日付東京朝日新聞よりオリンピック選手団の出発 大正十三年(1924年)四月二十九日付東京朝日新聞よりオリンピック選手団の出発。

震災からの復興を海外に示そうと、お国の力の入れようはたいへんなもの。日章旗は秩父宮殿下から下賜され、まさにお国の代表と讃えられ応援されます。

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン」の「走れ!いだてん」に掲載されたものです。


Copyrights © 2007-2015 JIBUN. All rights reserved.