新企画!【マチコのレシピ】今が旬!トウモロコシご飯/相性抜群のくまモンおにぎりも

かつて薬膳の料理店を長い間営み、家庭料理のコツを工夫して編み出してきた文京区在住の大場真智子さんから、旬の食材のおいしい食べ方を習います。

初回は夏が旬のトウモロコシ。ひげには利尿効果があるそうで、刻んで入れれば全く気付かないほどです。ゆで汁や芯を活用して炊き上げたトウモロコシご飯は甘みと風味たっぷりで美味。

料理の手順写真も掲載してみました。

おまけですが、くまモンのおにぎりのつくり方も一緒に。トウモロコシご飯のおにぎりにすると、くまモンの顔に使うチーズとの相性抜群です。

◇トウモロコシご飯

【材料】(ご飯3合)トウモロコシ1本、昆布(だし用、乾燥で幅3センチ×長さ10センチ)

【作り方】

①トウモロコシは皮とひげをはぐ。ひげは使うのでとっておく

②フライパンにトウモロコシとひげを入れ、半分くらい浸るまで水を注ぎ、塩大さじ1を入れ、ふたをして強火にかける。

③沸騰したらトウモロコシを裏返し、ふたをして5分煮て冷ます。

④米を研ぎ、炊飯器に入れ、少なめの水で浸水しておく。

⑤③が冷めたら、ゆで汁を④に足して3合分の水にする。

⑥③のトウモロコシを3~4等分にし、包丁で実を切り落とす。芯は捨てない。

⑦③のひげを刻み、⑥の芯と、昆布と一緒に⑤に入れ、砂糖少々を加えて炊く。

※「少々」は人差し指と親指でつまんだ程度の量。ひとつまみは人差し指、中指と親指でつまんだ量

※芯を入れて炊くとだしが出る

⑧米が炊き上がる5分前に昆布とトウモロコシの芯を取り出し、⑥のトウモロコシの実を入れ、炊き上がればざっくり混ぜてできあがり。

◇くまモンおにぎり

【材料】ご飯150グラム(茶碗に1杯ほど)、のり(半切り、手巻きずしサイズ)1枚、スライスチーズ、人参少々(1本)

①人参を輪切りにし、人参1本につき水カップ2、砂糖大さじ1、塩少々、しょうゆ少々で人参が柔らかくなるまで煮て冷ましておく。余った人参はいろどりやサラダに使う

②丸い形のおにぎりをつくる

③のりを巻き、別の小さいのりとご飯で耳の部分を作って付ける

④スライスチーズで目鼻を作る

⑤人参でほっぺを作ってできあがり

※リボンをつけたり、ちょんまげをつけたり、自由に顔を作ると楽しい

≪講師紹介≫
大場 真智子(おおば まちこ)
生まれも育ちも文京区。ずっと文京区に暮らす。薬膳調理師。文京区ケーブルテレビ放送番組「美味しく食べて健康に」を担当。和食店を20年、薬膳料理店を区内で経営。座右の銘は「仕事に勝るパートナーはなし」。息子は独立し、夫と二人暮らし。