【JIBUNテレビ】荒川102主催で子どもたちが畳店を取材し新聞づくりに挑戦!

荒川区内在住の小学3、4年生が、地域の畳店を取材し、「新聞」をつくるワークショップがこのほど開かれた。

畳や畳の作り方について聞く班と、畳店の店主について聞く班の2つに分かれ、まずはそれぞれが質問を考えて検討。

実際の取材ではその場で疑問に思った質問も飛び出し、写真もいろんなカットを取っていた。

そのあと、画用紙に各班で記事を執筆。見出しも考え、なんとか2つの新聞ができあがっていた。

制作の様子は荒川区のゆる系ローカル情報マガジン「荒川102」に掲載される。

主催した荒川102編集長の中里さんにインタビューした。