文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)「沈黙 -サイレンス-」のモデル、ジュゼッペ・キアラの供養碑がなぜ此処に。

幕末の匂いが濃かった三百坂、伝通院で「清河八郎」のお墓を探している時に目にしたこの案内板。

鎖国をしていた幕府直轄の、そして、家康公生母の菩提寺、葵の御紋が眩しい「伝通院」に?。

なぜ、宣教師の、いわゆる「転びバテレン」のジョゼフ岡本三右衛門の供養碑があるのでしょうか。
驚きとともに理解できない不思議さを感じるのでした。

続きはこちら