Close

クリスマスマーケットでドイツ気分/夜は展望ラウンジで一杯も

ドイツの食や文化を楽しむ文京クリスマスマーケット2019が13日、14日、礫川公園と文京シビックセンターで開かれている。

クリスマスマーケットはこの時期ドイツ各地で開かれている市。文京区はドイツ・カイザースラウテルン市と姉妹都市だという関係や、東京オリンピック・パラリンピックが来年に迫っていることもあり、オリンピアンによるトークショーなどのイベントも企画されている。文京区主催で、ドイツ大使館やドイツ観光局などが後援している。

礫川公園はフード・グッズエリアで、区内外のワイン販売店や菓子店などが、ビールやソーセージを販売。シナモンやクローブなどが入ったワインを温めた「グリューワイン(ホットワイン)」や、フルーツやナッツが入ったドイツの伝統的な菓子パン「シュトレン」など、ドイツのクリスマスの時期に親しまれているものも並んだ。

夜はイルミネーションに彩られ、13日夜はサンタさんも登場。「はっはっは。メリークリスマス。はっはっは」と子どもたちに笑顔で語りかけていた。

屋外暖房機やテーブル席もあるため、ビールなど冷たいものでも飲む気にさせてくれる。ドイツ在住経験がある人は「ソーセージとホットワインを売ってる縁日に過ぎない」と辛口のコメントをしていたが、本場のクリスマスを知らない者には飲食で十分ドイツ気分を楽しめる。

14日はシビックセンター地下2階区民ひろばで、自転車競技のオリンピアン飯島誠さんのトークショーや、区内大学の歌やチアリーディングなどのパフォーマンスが予定されている。詳細はチラシで。

また、シビックセンター25階の展望ラウンジでは、お酒や食品を楽しめるイベント「Sky View Lounge BAR」も開かれている。産直レストラン「つくる。」と千石の「本多酒店」が出店し、一ノ蔵などの日本酒やワイン、おでんなどの販売や、物販もある。

美しい夜景を見ながら一杯、というのもクリスマス気分を盛り上げてくれそうだ。詳細はサイトで。(敬)


Copyrights © 2007-2015 JIBUN. All rights reserved.