Close

走れ!いだてん/「アントワープの微笑み」

大正九年(1920年)五月十四日、十三名の選手、役員二名の(庭球の二人と嘉納治五郎団長はアメリカで合流)オリンピック日本選手団はコレア丸(Korea丸)に乗り、横浜港を出港。アメリカ大陸を横断、ロンドンを経由して、ベルギーのアントワープを目指します。

大正九年(1920年)五月十五日付東京朝日新聞より横浜港にて。左から金栗、辰野監督、野口、三浦。 大正九年(1920年)五月十五日付東京朝日新聞より、横浜港にて。左から金栗四三、辰野監督、野口源三郎、三浦弥平。

謎の男・池辺四三

海外渡航には、もちろんパスポートが必要。金栗四三のパスポートには「池辺四三 SHIZOU IKEBE」と書いてあります。
えっ!金栗先生!本名は池辺なんですか⁉︎
そうだよ、養子に入ったんだよ
とニコリと笑う金栗。
ごくごく身近な親類しか知らなかったことがパスポートから明るみに出て一同ビックリ。
このあと、さらに驚くことが起こります。

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン」の「走れ!いだてん」に掲載されたものです。


Copyrights © 2007-2015 JIBUN. All rights reserved.