【イベント予告】5日夜、ちびまる子ちゃんのお母さんの語りを聞きに来ませんか?和太鼓と講談の「日本文化を楽しむ会」文京シビックホール小ホールで

和太鼓に触れ、「ちびまる子ちゃんのお母さん」の語りを聞きに来ませんか――文京区の女性経営者の会「女性ネットワーク文京」の主催で5日夜、文京シビックホール小ホールで「2018年新春 日本文化を楽しむ会」が開かれる。子どもたちによる和太鼓の演奏や、アニメ「ちびまる子ちゃん」のお母さん役で知られる声優で講談師の一龍齋貞友(いちりゅうさいていゆう)さんの「ピノッキオ」が上演される。未就学児や子どもに見に来て欲しいという。

女性ネットワーク文京は文京区内の中小企業の女性経営者や、起業をめざす女性で作られたネットワークで、活動は10年目に入った。毎月勉強会などを開いており、落語会や障がい者スポーツ報道写真展などのイベントも随時企画している。

2018年は新年早々に、日本文化を楽しむ企画として、文京区、豊島区を拠点にする創作和太鼓集団「和太鼓破魔(わだいこはま)」のKIDS教室の生徒による演奏と、古典から現代ものまで幅広いジャンルをカバーし、声優としてもちびまる子ちゃんのお母さんのほか、クレヨンしんちゃんのマサオくん、忍たま乱太郎のしんベエ役など活躍している一龍齋貞友さんの講談をプログラムに並べた。小さい子から大人まで楽しめる内容だ。

5日(金)18時から20時まで、文京シビックセンター2階の文京シビックホール小ホールで。大人2000円、中学生以下1000円、座席を必要としない未就学児は無料。当日券あり。チケット問い合わせ・申し込みはシビックチケット(03-5803-1111)、チケットぴあ(0570-01-9999 Pコード483405 興行コード1756469)へ。